• ルビ
  • シェア
  • メール
  • CLOSE

〈SDGs×SEIKYO〉 解説編「ジェンダー平等ってどういうこと?」 2022年12月20日

 「SDGs×SEIKYO」の解説編「ちーちゃんと考える 未来のカタチ」。今回は、SDGs(持続可能な開発目標)の目標5「ジェンダー平等を実現しよう」を巡って、ちーちゃんと母・陽子、兄・ユウキが語り合います。

「え! もう決まってるの?」 作・迎朝子
「え! もう決まってるの?」 作・迎朝子
女性の権利向上が世界を変える
日本の男女格差指数は世界116位

 お兄ちゃん、きょうはどこ行くの? 一緒に遊ぼうよ!

 ごめんね、柔道の練習があるんだ!

 いいなー! 私も柔道したい!

 ちーちゃんは女の子なんだから、ピアノとかバレエがいいと思うよ。

 えー! お兄ちゃんだけずるい!

 ユウキ、いいじゃないの、女子柔道はオリンピックの正式種目よ。それに、「女の子なんだから」なんて言わないの。ジェンダー平等が大切だからね。

 ジェンダー平等?

 そう。ジェンダーっていうのは、男女の体の違いのほかに社会的・文化的につくられた性別のことよ。「男性はこうあるべき」「女性はこうあるべき」と無意識に決めつけることで、苦しんでいる人が大勢いるの。特に、「男性は外で働いて、女性は家庭のことをする」といった先入観が生むジェンダー・ギャップ(男女格差)で、女性が社会で活躍できないことが問題になっているわ。

 どれぐらいのギャップがあるの?

 例えば、全世界で雇用者全体の39%が女性なのに、管理職は27%。女性の国会議員は、全体の4分の1しかいないらしいわ。女性の社会的地位は、まだまだ低いの。賃金格差だってある。

 確かに、すごく不平等だね。日本の場合はどうなの?

 世界経済フォーラムの「ジェンダー・ギャップ指数」では、日本は146カ国中で116位よ。

 え! 下から数えた方が全然早いじゃん!

 「教育」と「健康」の分野でのギャップは小さいんだけど、「経済」と「政治」では大きいのよ。

 ちーちゃんの未来が心配だ……。

 大丈夫! 私、たくさん勉強して自分の進みたい道に進むから!

 そうね。性別で差別されることなく、誰もが平等な機会を与えられ、力を発揮していけるような社会をつくっていかないといけないわね。
 発展途上国の中には、「教育」と「健康」の分野でもギャップのある国があるわ。女性だというだけで、教育を受けさせてもらえず、すぐに結婚させられて、家事と育児に専念させられる女の子が、世界にはたくさんいるのよ。

 え! 結婚させられちゃうの? 好きでもない人と?

 児童婚(18歳未満での結婚)をする女性は、全世界で毎年1200万人もいるといわれているわ。経済的な困窮や社会的慣習が理由みたい。
 SDGsの目標5には、「ジェンダー平等を達成し、すべての女性・少女のエンパワーメントを行う」と掲げられているの。目標5の実現を目指して努力していけば、目標4「質の高い教育をみんなに」や目標8「働きがいも 経済成長も」といった他の課題も達成していける。SDGs全体の成功の鍵を握る根本的な目標ともいえるわね。
 ジェンダー平等と女性のエンパワーメントが、世界を変え、より良い未来のカタチをつくっていくのよ。

  
※ご感想をお寄せください sdgs@seikyo-np.jp
  
聖教電子版の「SDGs」特集ページが閲覧できます。
https://www.seikyoonline.com/summarize/sdgs_seikyo.html

動画

SDGs✕SEIKYO

SDGs✕SEIKYO

連載まとめ

連載まとめ

Seikyo Gift

Seikyo Gift

聖教ブックストア

聖教ブックストア

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

パリ五輪に向けた合宿で話し込む大橋悠依㊧、平井伯昌コーチ㊥、石松正考コーチ(3月30日、東京都北区で=時事)

劇画

劇画
  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP