「危機の時代を生きる」識者インタビュー

コロナ禍という試練を生き抜くための視点を提供する連載「危機の時代を生きる」。識者のインタビューから、ピックアップしたものをお届けします。

東京大学大学院バリアフリー教育開発研究センター長 小国喜弘教授㊦

誰もが生きやすい未来へ――身近な所から安心の居場所を

2021年11月28日

東京大学大学院バリアフリー教育開発研究センター長 小国喜弘教授㊤

インクルーシブな教育と社会へ 真の「共生」の在り方を目指して

2021年11月27日

大阪市立大学大学院准教授 斎藤幸平さん

本当に豊かな社会とは

2021年11月16日

米コロンビア大学 ジェフリー・サックス教授

持続可能な未来を築く21世紀の地球倫理を

2021年11月9日

大阪大学・宮坂昌之名誉教授

日本のワクチン接種は順調

2021年10月8日

米ジョンズ・ホプキンス大学 ヨハネス・アーパライネン教授

コロナ後こそ気候変動対策の好機

2021年9月29日

京都大学こころの未来研究センター 広井良典教授

地球の有限性に向き合い、持続可能な発展を目指す

2021年9月25日

英オックスフォード大学 マーガレット・マクミラン名誉教授

歴史の教訓から学び 新たな社会の建設を

2021年8月5日

東京工業大学 伊藤亜紗教授

人生は今の身体で生きる 偶然を必然に変える挑戦

2021年7月30日

ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院 ジェシカ・ファンゾ特別教授

人が「何を食べるか」は地球環境の未来に直結

2021年6月29日

東京大学大学院 松井彰彦教授

少数者に優しい社会とは、誰もが暮らしやすい社会

2021年6月18日

作家・精神科医 帚木蓬生さん㊦

コロナ禍での価値創造

2021年5月30日

作家・精神科医 帚木蓬生さん㊤

答えが出ない事態の中で

2021年5月29日

歴史学者・磯田道史さん

災害と災害の「間」を生きる ゆえに「準備」を常に怠らず

2021年5月21日

一般財団法人日本総合研究所会長 寺島実郎氏

「小さな幸福」に留まらず、「大きな幸福」育む社会へ

2021年4月17日

川崎市健康安全研究所 岡部信彦所長

過度に恐れず、侮らず 「できること」を増やす

2021年3月25日

京都大学大学院 佐藤卓己教授

「SNS時代」に求められる、あいまいな状況に耐える力

2021年3月20日

東北大学大学院 佐藤弘夫教授

コロナ禍で迎える震災10年―― 問われるのは一人の「生き方」

2021年3月6日

大阪市立大空小学校初代校長 木村泰子さん

コロナ禍の中で学ぶ皆さんは“かわいそうな世代”じゃない

2021年2月20日

JT生命誌研究館名誉館長 中村桂子さん

38億年の間、変化に対応し、存続してきた生命の力信じて

2021年2月5日

豊橋技術科学大学・岡田美智男教授

〝弱いロボット〟が教える豊かな関係性の在り方

2021年1月23日

建築家 安藤忠雄さん

若者よ、考える力を磨き「覚悟」を胸に進もう

2021年1月7日

長崎大学熱帯医学研究所・山本太郎教授

長期化するコロナ禍で模索する「新しい共感」

2020年12月19日

生物学者・福岡伸一博士

生命は動的平衡の流れ 絶えず自ら変わり続ける

2020年12月5日

新潟青陵大学大学院・碓井真史教授

多様な不安を受け止めて共感を示すことから

2020年9月26日

川崎市健康安全研究所・岡部信彦所長

正しい情報見極め“正しく恐れる”(後編)

2020年8月30日

川崎市健康安全研究所・岡部信彦所長

正しい情報見極め“正しく恐れる”(前編)

2020年8月29日

東京都立大学・詫摩佳代教授

グローバル時代の感染症に国際協力で立ち向かう

2020年7月8日

立命館大学・開沼博准教授

コロナ禍で見落とせない多様なリスクへの視点

2020年6月24日

中部大学・酒井吉廣教授

コロナ禍の国際社会で求められる利他の精神

2020年6月11日

北海道大学・髙田礼人教授

乗り越える鍵は皆が地球規模で考えること

2020年5月27日

千葉大学・近藤克則教授

身体的距離は保ちながらも、人とのつながりを切らさない

2020年5月13日

日本国際交流センター・毛受敏浩執行理

情報不足と仕事――在留外国人が直面する悩み

2020年4月29日

コロンビア大学医学部・辻守哉教授

新型コロナの克服へ 今こそ研究者が連帯を

2020年4月22日

ロンドン大学 クレア・バーチンガー博士

新型コロナと闘う鍵は国民の行動変容

2020年4月9日