〈文化〉 身近に取り入れたい和文様 藤依里子(和文様研究家) 2022年6月23日

めでたいツルとマツの刺しゅう

 日本人は昔から、四季を彩る植物や身近な動物など、自然の姿を文様として取り入れ、利用してきました。例えば、着物の柄。季節を象徴する植物をはじめ、鶴亀などのおめで…

この記事は会員限定です。これより先は聖教電子版への有料会員登録が必要です。

動画

連載まとめ

連載まとめ

Seikyo Gift

Seikyo Gift

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

劇画

劇画
  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP