〈コロナ危機──未来を守る〉「一人立つ精神」で立ち上がった民衆の連帯に期待 東京大学 市川裕名誉教授(「第三文明」から) 2020年6月30日

1953年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。筑波大学哲学・思想系文部技官、同講師を経て、東京大学文学部助教授、東京大学大学院人文社会系研究科教授を歴任。ユダヤ教を中心に据えた宗教的想像力の比較宗教学を主たる研究とし、これと併行して宗教学の観点から近現代を見直す作業を行う。著書に『ユダヤ教の精神構造』(東京大学出版会)、『ユダヤ教の歴史 宗教の世界史7』(山川出版社)、『ユダヤ人とユダヤ教』(岩波新書)などがある。

 コロナ危機により社会の不透明さが増している今、宗教が果たすべき役割とは何か。東京大学名誉教授の市川裕氏に話を聞いた。(5月15日現在)
 <「第三文明」202…

この記事は会員限定です。これより先は聖教電子版への有料会員登録が必要です。

動画

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP