〈復興と文化〉 理想の共同体の実現 2019年6月27日

 フランスの社会学者エミール・デュルケームは、『自殺論』(1897年)の中で、戦争、革命、大災害等の激動のときには、自殺率が低下する、と書いている。自殺率は、社…

この記事は会員限定です。これより先は聖教電子版への有料会員登録が必要です。

動画

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP