文化

〈復興と文化〉 理想の共同体の実現 2019年6月27日

 フランスの社会学者エミール・デュルケームは、『自殺論』(1897年)の中で、戦争、革命、大災害等の激動のときには、自殺率が低下する、と書いている。自殺率は、社…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス 随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ