• ルビ
  • シェア
  • メール
  • CLOSE

〈写真特集〉 駆ける! 桜の大東京 2021年4月12日

 桜前線が北上中。東京の各地でもこの3月、冬に耐えて咲いた万朶の桜が、コロナ禍と戦う人々に明るい希望を送った。その競演を紙上でお届けする。花々のにぎわいと共に、心軽やかに対話の春を駆けよう!

◆総本部◆
東京・信濃町の総本部を彩る大誓堂前広場の桜。この場所は、戦時中の弾圧直前に第2代会長・戸田城聖先生が足を運び、折伏した学会員の家があった地である
東京・信濃町の総本部を彩る大誓堂前広場の桜。この場所は、戦時中の弾圧直前に第2代会長・戸田城聖先生が足を運び、折伏した学会員の家があった地である
◆目黒◆
戸田先生の自宅は目黒が最寄り駅で、池田先生は何度も降り立った。時に師弟して語り歩いた権之助坂の先、目黒川の両岸に、撮影前夜の嵐に耐えた桜が、輝くばかりに咲いていた
戸田先生の自宅は目黒が最寄り駅で、池田先生は何度も降り立った。時に師弟して語り歩いた権之助坂の先、目黒川の両岸に、撮影前夜の嵐に耐えた桜が、輝くばかりに咲いていた
◆豊島◆
ソメイヨシノ発祥の地は豊島区内にある。桜をこよなく愛した戸田先生の名を冠した、巣鴨の東京戸田記念講堂。4年前の4月をはじめ、幾度も池田大作先生との共戦譜が刻まれた。講堂の桜が春本番の訪れを告げる
ソメイヨシノ発祥の地は豊島区内にある。桜をこよなく愛した戸田先生の名を冠した、巣鴨の東京戸田記念講堂。4年前の4月をはじめ、幾度も池田大作先生との共戦譜が刻まれた。講堂の桜が春本番の訪れを告げる
◆中野◆
中野文化会館の庭に咲く「周恩来記念桜」。中国の周総理は留学生時代、会館から至近の地に一時下宿した。池田先生は5年前の5月に同会館を視察。中野の友に万感のエールを送った
中野文化会館の庭に咲く「周恩来記念桜」。中国の周総理は留学生時代、会館から至近の地に一時下宿した。池田先生は5年前の5月に同会館を視察。中野の友に万感のエールを送った
◆北◆
北区の飛鳥山公園。春到来を喜ぶ子らの笑顔も満開に――。「『美しき人生』『素晴らしき人生』『後悔なき人生』を」。1994年4月、池田先生から贈られた指針を北区の同志は忘れない
北区の飛鳥山公園。春到来を喜ぶ子らの笑顔も満開に――。「『美しき人生』『素晴らしき人生』『後悔なき人生』を」。1994年4月、池田先生から贈られた指針を北区の同志は忘れない
◆足立◆
“庶民の王者”の勝利劇がつづられてきた足立平和会館。「凱旋の獅子」との誇りで走る友の奮闘をたたえるかのように、桜が咲き誇る
“庶民の王者”の勝利劇がつづられてきた足立平和会館。「凱旋の獅子」との誇りで走る友の奮闘をたたえるかのように、桜が咲き誇る
◆荒川◆
荒川区東尾久に広がる都立尾久の原公園。しだれ桜が約170本植樹され、原っぱは開放感であふれる。1957年(昭和32年)の夏季ブロック指導では、周辺の会場で池田先生と共に思い出の大会も
荒川区東尾久に広がる都立尾久の原公園。しだれ桜が約170本植樹され、原っぱは開放感であふれる。1957年(昭和32年)の夏季ブロック指導では、周辺の会場で池田先生と共に思い出の大会も
◆大田◆
池田先生の故郷・大田。多摩川の土手から、堂々とそびえる大田池田文化会館を仰ぐ。満開の花の波に包まれた桜の城は、友の前進を見守るかのよう
池田先生の故郷・大田。多摩川の土手から、堂々とそびえる大田池田文化会館を仰ぐ。満開の花の波に包まれた桜の城は、友の前進を見守るかのよう
◆調布・狛江◆
調布市と狛江市を通る、多摩川沿いの桜並木。1992年4月3日、池田先生は調布文化会館を訪れ、「常勝の/錦州城が/東京に/多摩川みつめて/宣言響きぬ」と調布総区の友に詠み贈った
調布市と狛江市を通る、多摩川沿いの桜並木。1992年4月3日、池田先生は調布文化会館を訪れ、「常勝の/錦州城が/東京に/多摩川みつめて/宣言響きぬ」と調布総区の友に詠み贈った

 ◇ ◆  
  

02:34

◎紙面以外の東京各地の桜の写真はこちら

◎全国の支社・支局から「さくら便り」が続々と。記者や通信員が思いを込めた写真は電子版「連載まとめ」はこちら

◆ご感想をお寄せください◆ 
photo@seikyo-np.jp

動画

連載まとめ

連載まとめ

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

かつて活躍した郵便自動車ミゼットのミニカー。日本の郵便制度は明治初期の1871年1月に導入されました(オフィスジュニア/共同通信イメージズ)

劇画

劇画
  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP