文化

〈伝統芸能〉 語りで舞台を光らせる 二代目 竹本葵太夫さん 2018年9月11日

「伝統歌舞伎の魅力を伝えていきたい」と語る竹本葵太夫さん

 人形浄瑠璃の作品を歌舞伎に移した「義太夫狂言」が盛んに上演されるようになったのは18世紀のこと。その際、人形浄瑠璃の語り物音楽である義太夫節も一緒に取り入れら…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ