• ルビ
  • シェア
  • メール
  • CLOSE

夢に向かって風を切る――全日本モトクロス・チャンピオンを目指す女子ライダーの話 2021年10月11日

  • 聖教電子版オリジナル連載〈POWER of WOMAN〉

 
 雨上がりのぬかるんだ泥だらけのコースを、85㏄バイクで駆け抜ける。猛スピードで坂を上がり、そのまま空へ……!!! 一瞬、時が止まったかのように、バイクが空に浮かぶ。最高時速は140キロ。しかし、バイクに乗っている時は、「周りの景色がゆっくりと動く感覚」という。
 
 今回の「POWER of WOMAN」は、全日本モトクロス選手権レディースチャンピオンを目指す阿部華帆さん=岩手県、華陽リーダー=を取材しました。
 

華帆 5歳 中古の50㏄バイク。

 大のバイク好きの父の影響を受け、モトクロスと出あったのは、5歳の時。父が連れて行ってくれたコースには、50㏄のキッズ用モトクロスバイクに楽しそうに乗る子どもたちの姿が。「華帆もあのバイクに乗りたい!」とすぐに伝えた。
 買ってもらった中古の50㏄バイクで初めてコースに。“アクセル全開!”にして思いっ切りひっくり返ったことも、今では良い思い出。
 初めはうまくいかなかったけれど、いつの間にか父の手がなくても、一人で乗れるようになった。風を切る爽快感に胸が高鳴る。あっという間に、モトクロスのとりこになった。
 

 
 小学校に上がり、大会にも出場するように。金曜日になると週末のバイクの練習が楽しみで仕方なかった。いつもと同じように、練習を心待ちにしながら英語の授業を受けていた2011年(平成23年)3月11日、東日本大震災が起きた。
 

華帆 小学6年生 東日本大震災。

 高台まで、みんなで走って逃げた。避難所では、何が起きているのか、全く分からなかった。夜は眠らずに両親の迎えを待った。日付が変わる頃に父が、翌朝には母も避難所に。不安でいっぱいだった心に安堵があふれた。津波で自宅は全壊。水が引いた家は泥だらけになっていた。
 

 
 片付けをして2階を住める状態に。1カ月ほどして、避難所から自宅に移る。少しずつ平穏を取り戻す生活。しかし、バイクを再開できる雰囲気ではなかった。
 “もうできないのかもしれない…”。みんながそれぞれ、我慢をしていることを知っていたから、子ども心にそう感じていた。しかし、雑誌やテレビで同じ夢を追うライバルの姿を見ると、モトクロスへの思いが強くなる。
 「また、バイクに乗りたい」――勇気を振り絞って父に伝えると、心を察していたかのように「いいよ」と一言。両親のサポートがあって、中学2年でモトクロスの練習を再開することができた。
 

 
 久々にコースに行くと、共に練習していた仲間に会えた。以前と変わらずに声を掛けてくれることがうれしい。バイクにまたがるのは久しぶりだったが、一瞬にして感覚は戻った。“やっぱりバイクはいいなぁ”と心から感じた。
 

華帆 中学3年生 入会。

 震災後、“ライバルから置いていかれたくない”“ブランクを取り戻したい”と懸命に練習を重ねた。駄目だと分かっていても、どうしても気持ちが焦る。むちゃをして転び、けがをすることも多く、レース中に転倒して意識を失い、ドクターヘリで搬送されたことも。度重なるけが、それを恐れて思うように走ることができない日々に、心は落ち込んでいく一方。“なんで自分だけがこんなにけがをしてしまうのか”。自分のことを責め続けた。
 

 
 そんな姿を心配した母から相談を受けたおばが、「大丈夫?」と電話をくれた。「けがが続いてバイクに全然乗れていない…」。心のうちを少しずつ話していった。そして、おばに誘われ、一緒に創価学会の釜石文化会館に行った。そこには多くの創価学会のメンバーが待ってくれていた。「信心していけば必ず、努力は実るよ」――心強いおばの言葉が心に残った。
 

 
 題目をあげていくと、どうしても変えられなかったレースへの恐怖心が少しずつ薄らいでいった。バイクに乗る時間も増え成績も上がった。自分が大きく変わっていくことを実感し、“自分を強くするために、信心をしたい”と2013年、創価学会に入会した。
 

華帆 今とこれから。

 バイクに乗る前には、必ず題目をあげている。“今日も一日楽しく安全に過ごせるように”と。信心に励む中、リスクさえも楽しめる、自分らしい攻めの走りができるようになった。
 幼い頃から変わらずに抱いている一番の夢は、全日本モトクロス選手権でレディースチャンピオンになること。今までの最高順位は8位。まだまだ上には速い選手がいる。まずは6位以内の入賞を目指す。
 

 
 日常生活では、感じられないスリル。普通ではあり得ないスピードで走り、高く飛び上がるバイクをコントロールする楽しさ。モトクロスを語る華帆さんの笑顔はひときわ輝く。「夢を追い掛ける姿が、誰かのパワーや元気の源になれたらなと心から思います」と、今日も夢に向かって風を切る。
 

【バックナンバーはこちら

◎感想をお寄せください→ youth@seikyo-np.jp

動画

連載まとめ

連載まとめ

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

劇画

劇画
  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP