• ルビ
  • シェア
  • メール
  • CLOSE

電子版連載「Kayo Letter」 2023年1月16日

 電子版連載「Kayo Letter」では、全国各地の池田華陽会の取り組みや、華陽カレッジの内容を紹介していきます。

 ※池田華陽会の皆様からいただいた投稿も随時、紹介していきます。記事の最後に記載したメールアドレス宛てにお送りください。

●岩手 盛岡新生県
華陽カレッジ“皆勤賞”の方に手作りメダルが贈られた
華陽カレッジ“皆勤賞”の方に手作りメダルが贈られた

 盛岡新生県では、華陽カレッジに参加できなかったメンバーに会いに行き、“訪問カレッジ”として、励ましを広げてきました。

 華陽カレッジの打ち合わせでは、「また参加したい」と思ってもらえるように話し合いを重ね、今回はチーム対抗の企画で大盛り上がり。紙芝居で師弟の精神を学び、視聴したVODの感想や近況をグループに分かれて語り合いました。

 参加した方からは、「同世代のメンバーと語り合えるのがうれしい」「また参加したい」などの声が寄せられました。
 毎回、新たな参加者が増え、着実に華陽姉妹の輪が広がってきています。今年は皆勤賞のメンバーがさらに増えていくよう、励ましを送っていきます。(総岩手委員長 熊谷恵美子さん、県池田華陽会サブキャップ 小野寺ちひろさん)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
●佐賀 佐賀栄勝圏

 佐賀栄勝圏では、女性部の先輩が訪問・激励や当日の送迎などを協力してくださり、華陽カレッジに初めて参加できたという、メンバーが増えてきています。

 初めて参加したメンバーにも、親しみを持ってもらうためにアイスブレイクを工夫したり、カフェで流れているような音楽を流しながら、会話形式で御書の研さんをするなど、楽しく学んでいます。 

 また、近況を語り合いながら、悩みも決意に変えていけるように皆で励ましを送り合っています。
 今回も同世代で交流を深める機会となり、初めて参加してくれた方も「来てよかったです」と語ってくれました。(圏池田華陽会キャップ 相浦由美子さん) 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
●奈良 宇陀旭日圏

 宇陀旭日圏では、「目の前のひとりを大切に」との思いで訪問・激励にまわり、華陽カレッジの参加を呼びかけてきた結果、回を重ねるごとに参加者が増えてきました。

 今回の華陽カレッジでは、池田華陽会に関するスピーチが収録されているVODを視聴後、クイズや体験発表を交えて、御書を学びました。ディスカッションでは、皆で近況や決意を語り合うことができました。
 また、昨年の華陽カレッジの様子をアルバムにして、池田先生・奥さまにお届けしました。これからも励まし合いながら、自分らしい「挑戦の花」を咲かせていきます。(圏池田華陽会キャップ 杉本望さん)

 ●投稿募集
 「Kayo Letter」では、池田華陽会の皆さまからの投稿を募集しています。
 
 「華陽カレッジに向けての準備の様子」「つながるプロジェクトを通して、各地域で工夫していること」「私の地域では、こんなことやっています」など、わが地域の魅力を全国の華陽姉妹に発信してみませんか。

 ①~⑥を記載し、下記のアドレスまでお送りください。

①組織名  
②投稿者名 
③華陽会役職
④電話番号 (記事の確認で連絡する場合があります)
⑤記事 400字程度(添削させていただく場合があります)
⑥写真 1~2枚(集合写真や準備風景など)

【宛先】youth@seikyo-np.jp

※投稿は聖教電子版に掲載するほか、聖教の紙面、創価新報に転載させていただく場合があります。

 【連載まとめはこちら】
※バックナンバーが無料で読めます※

動画

創価大学駅伝部特設ページ

創価大学駅伝部特設ページ

SDGs✕SEIKYO

SDGs✕SEIKYO

連載まとめ

連載まとめ

Seikyo Gift

Seikyo Gift

聖教ブックストア

聖教ブックストア

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

劇画

劇画
  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP