連載〈語りかける絵画 美への招待㊳〉美術史家 大野芳材 2020年3月31日

1782~89年頃/絹本着色、軸装/175.1×135.4センチ/東京富士美術館蔵

 日差しが日ごとに伸び、湿りを帯びた南風が吹くようになると春の近づきを感じる。この季節、私は文人画とか南画とか呼ばれる江戸時代の絵画にひときわ親しみを覚える。柔…

この記事は会員限定です。これより先は聖教電子版への有料会員登録が必要です。

動画

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP