〈文化〉 鉛筆画が開く世界 自伝「いのちを刻む」の著者・木下晋氏に聞く 2020年3月19日

 鉛筆画の世界を切り開いた画家・木下晋氏。その半生を記す『いのちを刻む 鉛筆画の鬼才、木下晋自伝』(藤原書店)には、氏が描いた、盲目の芸能者・瞽女やハンセン病元…

この記事は会員限定です。これより先は聖教電子版への有料会員登録が必要です。

動画

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP