名字の言

〈名字の言〉 2018年9月11日

 「擱筆」という言葉を知ったのは、佐藤紅緑の小説『ああ玉杯に花うけて』を読んだ時だった。結びに「読者諸君、回数にかぎりあり、この物語はこれにて擱筆します」とある…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ