信仰体験(長編)

〈信仰体験 ターニングポイント〉 聴覚障がいと歩むビジネスマン 中田島健人さん 2018年9月8日

都内の商社に入社して5カ月。仕事で信頼を得られるよう、懸命に働く中田島さん。聴覚障がいがあるため、相手の顔が見えない電話は苦手。かつては避けてきたことも、題目を唱えて挑戦心を燃やしてきた。「聞き取れない時もありますが、勇気をもって聞き返し、誠意を尽くして一人一人と接していこうと思っています」

 茶畑の間を縫うように、SL列車が走る。夜になると満天に星が輝く。静岡県・川根本町。1994年(平成6年)1月、この町で中田島健人は生まれた。
 待望の一人息子…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ