• ルビ
  • 音声読み上げ
  • シェア
  • メール
  • CLOSE

原田会長が談話を発表 1・26「SGIの日」に誓う 2024年1月26日

池田先生の平和行動を胸に刻み 「民衆のスクラム」を力強く拡大

 1975年1月26日、グアムの地で結成されたSGI(創価学会インタナショナル)――。
 当時、その場に集ったのは51カ国・地域のメンバーだったが、仏法を基調にした創価の民衆運動の連帯は、今や世界192カ国・地域にまで大きく広がっている。
 池田大作先生はSGI会長として、世界平和や国連強化のための行動を続ける中、83年から、1・26「SGIの日」に寄せる形で平和提言の発表を40回にわたって続けてきた。
 またSGIも、国連NGOとして軍縮・人権・環境・人道などの分野で積極的に活動を続ける一方、メンバー一人一人が世界各地で信頼と友情の輪を築き上げてきた。

あらゆる差異を超えて、全ての人々の尊厳が輝く「生命の世紀」の建設を!――世界五大陸から集い、SGI青年研修会に参加した友が、時代変革の波動を共に力強く広げゆくことを誓い合った(昨年9月、東京・新宿区の創価文化センターで)
あらゆる差異を超えて、全ての人々の尊厳が輝く「生命の世紀」の建設を!――世界五大陸から集い、SGI青年研修会に参加した友が、時代変革の波動を共に力強く広げゆくことを誓い合った(昨年9月、東京・新宿区の創価文化センターで)

 こうした意義深き原点の日を迎えるに当たって、原田会長は「1・26『SGIの日』に誓う」と題する談話を発表した。
 その中で原田会長は、池田先生が第3次世界大戦を絶対に起こさせてはならないとの信念に基づき、東西の冷戦対立などが激化していた1970年代に、中国、ソ連、アメリカを相次いで訪問した歴史に言及。
 池田先生のこうした平和行動の真っただ中で結成されたのがSGIにほかならないと力説するとともに、毎年の平和提言で先生が一貫して重点を置いてきたテーマが、核兵器を巡る問題であったことを強調。
 先生が繰り返し訴えてきた核兵器禁止条約が、戸田先生の「原水爆禁止宣言」60周年に当たる2017年に採択された意義を述べつつ、最後の平和提言(2022年)の結びの言葉に込められた「核兵器のない世界」への思いを受け継ぎ、その実現を誓いとして共に果たすことを呼びかけている。
 また、SGIの今後の取り組みとして、池田先生の精神を胸に刻みながら、地球的課題を解決するための具体的な提案を継続的に発信していくことを表明している。

*  *  *  *  *

〈談話の全文はこちらから〉

動画

SDGs✕SEIKYO

SDGs✕SEIKYO

連載まとめ

連載まとめ

Seikyo Gift

Seikyo Gift

聖教ブックストア

聖教ブックストア

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

劇画

劇画
  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP