峰宗太郎さん(米国国立研究機関博士研究員/医師)が語る“新型コロナ収束のための対策” 2021年10月15日

1981年、京都府生まれ。2005年に京都大学薬学部、10年に名古屋大学医学部を卒業。17年に東京大学大学院医学系研究科を修了し、医学博士に。国立国際医療研究センター病院、国立感染症研究所などを経て、18年から現職。専門は病理学、ウイルス学、免疫学。著書に『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』(共著・日本経済新聞出版)、『しっかりわかる ワクチンと免疫の基礎知識』(池田書店)などがある  

 免疫学の観点からコロナ禍収束のために求められる対策とは(「第三文明」11月号から)。
 
 7月後半から猛威をふるっていた新型コロナウイルスの「第5波」は、9…

この記事は会員限定です。これより先は聖教電子版への有料会員登録が必要です。

動画

連載まとめ

連載まとめ

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

劇画

劇画
  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP