社説

〈社説〉 夏休み明け 2018年8月26日

 “子どもの頃、学校に行くのが嫌でたまらず、新学期が始まる朝がつらかった”とは、20世紀を代表する歴史家トインビー博士の回想だ。100年以上も前の話とも思えぬ感…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ