インタビュー

〈トーク2018〉 不可能を可能に変えるドラマを 2018年10月21日

大煙突(1993年に今の姿に)を背に、煙害と戦った人々に思いをはせながら語り合う松村監督㊨と市川総茨城長(日立市内で)

 今からおよそ100年前、茨城・日立鉱山で煙害問題が発生。鉱石の製錬所の作業工程で発生するガスによるものだった。その公害の解決のために立ち上がった人々の、勇気と…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス 随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ