特集・企画

〈小説「新・人間革命」完結 記念特集〉㊤ 半世紀にわたるペンの軌跡 2018年9月11日

師匠のために、同志のために――激務の合間を縫ってペンを執る池田先生。その言論闘争を香峯子夫人も支え続けてきた(1979年7月、静岡研修道場で)

 池田先生はつづった。「私でなければわからない真実の学会の歴史がある」と。小説『新・人間革命』には、世界広布の“精神の正史”が描かれている。『人間革命』(150…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ