〈随筆「人間革命」光あれ〉 池田大作 恩師の生誕百二十周年 2020年2月7日

燃えるような紅梅に、メジロも暖を取るかのよう。冬を耐えて、春近し(池田先生撮影、1月30日、都内で)

 青年の歌声こそ、希望の暁鐘である。
 いかなる吹雪の闇夜も越え、新たな黎明を決然と告げゆく響きなのだ。
 この一月、欧州の青年たちが届けてくれた、素晴らしい歌…

この記事は会員限定です。これより先は聖教電子版への有料会員登録が必要です。

動画

デジタル特集

DIGITAL FEATURE ARTICLES デジタル特集

YOUTH

  • HUMAN REVOLUTION 人間革命検索
  • CLIP クリップ
  • VOICE SERVICE 音声
  • HOW TO USE 聖教電子版の使い方
PAGE TOP