特集・企画

ICANのノーベル平和賞に寄せて(1面から続く) 2017年12月20日

 現状は、核兵器保有国が軍縮義務など存在しないかのように振る舞っており、誤った方向に進んでいます。こうした状況下では強い運動が生まれるものであり、ICANや核兵…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ