文化

〈環境〉 自然の宝を未来へつなぐ 群馬で第5回全国風穴サミット 2018年9月12日

世界文化遺産「荒船風穴」。かつては石積みの上に建屋があり、その中で蚕の卵を貯蔵する“日本最大規模の天然冷蔵施設”だった。サミットの参加者が視察した日の外気温は30度を超えたが、一番手前の1号風穴内の温度は1.4度だった(8月26日、群馬・下仁田町で)

 風穴の価値を再発見し、風穴の魅力を次代へ伝える「第5回全国風穴サミットin下仁田」が8月25、26の両日、世界文化遺産・荒船風穴がある群馬県甘楽郡下仁田町で開…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ