文化

〈読書〉 ダルク 回復する依存者たち 2018年9月8日

サブタイトルは、「その実践と多様な回復支援」

 1985年に、薬物依存者たちが“クスリをやめたい”と東京・東日暮里の倉庫で共同生活を始めたのがダルクの始まりだ。以来30年以上が過ぎた今、本書によるとダルクは…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ