御書の解説

〈9月度 男子部「御書活動者会」研さんのために〉 富木殿御書 2018年8月25日

関之尾滝へと至る庄内川の流れは清らかに(宮崎県都城市)。日々の前進によって広布の水かさは増す

 9月度の男子部「御書活動者会(御書活)」では、「富木殿御書」を研さん。日蓮仏法の師弟の根幹である、弟子の姿勢について学ぶ。
 我が門家は夜は眠りを断ち昼は暇を…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ