特集・企画

〈現代と仏法 学術者はこう見る〉第6回 数学で“生命の謎”を探究 2018年8月28日

シマウマの複雑な縞模様。この発生メカニズムについても、数学的な視点から説明が可能な時代に入った(AFP=時事)

 私は数学を研究していますが、仏法と数学の捉え方には、共通点があると思っています。考え得るあらゆる視点から光を当てて、物事の核心を輝かせる点です。
 日蓮大聖人…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ