文化

〈ライフスタイル〉 美しく心地よい靴作りに、思いを込めて28年 神楽坂のアトリエから世界へ発信 靴作家 捧恭子さん 2019年7月12日

 石畳の細い路地が残る人気の街、神楽坂。大通りから入った小道を奥に進むと、靴作家・捧恭子さんが構えるアトリエ「ベルパッソ」がある。東京都と新宿区の「マイスター(…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス 随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ