特集・企画

団地部特集 宮城 復興住宅の人々の歩み 2018年8月10日

市営南郷住宅に暮らす同志が夏祭りに参加し、笑顔のひととき。平山さん(手前右から2人目)は「皆で団結して地域に尽くし抜く」と決意を(気仙沼市内で)

 あす11日で、東日本大震災から7年5カ月となる。東北の宮城、岩手、福島の災害公営住宅(復興住宅)は、6月末時点で2万8592戸が完成。計画戸数に対して96%の…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ