特集・企画

〈紀行「SGIの源流を訪ねて」 グアムから始まった平和の潮流〉1(6面から続く) 2018年1月4日

テニアン内の公園に設置されている「平和の碑」。「戦争で尊い生命が奪われた。かけがえのない父が、母が、わが子が、わが友が。人類はこの悲劇を二度と繰り返すまい。いかなる対立や相克も、力ではなく英知と不断の対話によって解決の道を求めるべきである」との池田先生の箴言が刻まれている

 1944年の夏、米軍のグアム進撃と同じ時期、日本領だったテニアンも激戦地となった。その直前には、サイパンで激しい戦闘が繰り広げられた。グアム以外の2島は現在、…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ