特集・企画

豪雨災害と戦う福岡・甘木圏の友 2017年7月17日

土砂の撤去作業に汗を流す男子部の「かたし隊」(16日、福岡・東峰村で)

 九州北部を襲った豪雨災害では、16日現在も、福岡・大分両県で避難者(自主避難含む)が、いまだ約1000人に上る。
 福岡県で被害の大きかった朝倉市と東峰村で…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ