文化

〈文化 ボーダーランド 境界を生きる〉9 バングラデシュの先住民 2017年12月28日

山間部の傾斜地に大人の背丈ほどに実った陸稲が黄金色に輝く(2009年8月、タンチ村)

 現在、難民といえば、ミャンマーのイスラム教徒ロヒンギャに国際社会の注目は集まるが、ミャンマーに接するバングラデシュの丘陵地帯では先住民「ジュマ」が、多数派のベ…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ