活動のページ

〈未来部育成のページ〉 「少年少女きぼう新聞」主催 きぼう作文コンクール「最優秀賞」作品 高学年 2018年1月9日

平和への思いを強くした大谷正俊君(左から2人目)が家族と共に

 「この本は、もう二度と読むことができんくなるかもしれんよ」と、母が僕に本を買ってきてくれた。
 その本の表紙は、僕と同じぐらいの男の子がせい服を着ていて、元気…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ