名字の言

〈名字の言〉 2018年1月5日

 元日の公園で、幼い兄弟がたこ揚げに興じていた。兄が糸を引くたび、たこがぐんぐんと天空を昇る光景に、ある詩の一節が思い浮かんだ。「地上におれを縛りつける手がある…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ