信仰体験(長編)

〈信仰体験 いま想う 戦後72年を経て〉3 “毒ガスの島”で風船爆弾を作った少女 2017年7月22日

健康のため、散歩をするのが日課。瀬戸内海に大久野島を望みながら、道行く外国人にも気さくに声を掛ける

 【広島県竹原市】太平洋戦争末期、戦局の悪化とともに、日本軍は「風船爆弾」をアメリカへ飛ばした。宮浦恵子さん(86)=金海支部、圏婦人部主事=は、13歳で学徒動…

この記事は会員限定です。これより先は(SEIKYO online)への有料会員登録が必要です。

バックナンバーを見る
記事クリップ 気になる記事を後でまとめ読みできます。 音声配信サービス スピーチや随筆を音声ファイルで配信! 聖教新聞社の本 漫画
ページの先頭へ